Lllaboの指導教授であるジュリアン・ウォラルは、建築家と建築学(学位)の2つの一級優等学位を保有し、建築史・都市史学に関する博士論文 “Railway Urbanism: The Production of Public Space in Twentieth Century Tokyo” によって2005年に建築学博士号を東京大学から授与されています。また、オーストラリアと日本の大学で、建築史・都市史学及び理論、設計製図教育の実際のカリキュラム開発・調整の責任をともなった10年以上の建築学指導経験があります。