ワークショッフ 東京の「花鳥風月」の探求     > 大都会の真ん中で「花鳥風月」となり得るのは何か? > 活動、興奮、体験 〜どんなコトがそこでおこるのだろうか? > どんな空間が、モノが、ヒト(存在)が必要か? > そしてそのような「花鳥風月」は、どんな大きさでどれくらいの期間誰のために都市の どこに位置するのか? Read More

:::  LLLABO LUMINARIES 06  ::: 即興都市における神話と習慣 講演者: クライン・クリスチャンセン氏、キャテライン・モンテンス氏 日時: 2010年12月16日(木) 18:30~20:30 会場: 早稲田大学 西早稲田キャンパス  55S号館2階第三会議室 言語: 英語 お申し込み: オンライン ポスター:ダウンロードは こちら! 公共空間は、 共通の経験のための入れ物と、差異に出会うための場所の両者から成り立っている。その空間とは平凡かつ楽しいものであるが、同時に日常的かつ予測不可能なものでもある。そのような空間は、公共空間とランドスケープがどの様に人々によって作られ、使われ、住まれ、変形され、形成されているのかをテーマとして設計している若手オランダ人デザイナーであるクライン・クリスチャンセン氏とキャテライン・モンテンス氏に、またとない活動領域を与えている。 Read More